HOME>アーカイブ>生涯で食べられる幸せや健康を維持できるサービス

全身の健康に繋がる

診療室

亀有には高齢患者に寄り添う歯医者がいます。食べたい物を自分の歯で美味しく食べる、健やかな暮らしを切に願っていることを知っています。近年、全身の健康と歯や口腔の健康との関係が注目されているようで、8020運動に協賛しています。歯を失う原因は様々ですが、圧倒的に多いのは虫歯と歯周病です。特に歯周病は40代以降に歯を失う原因の1位を占めており、結果、部分入れ歯や総入れ歯を考えなければならなくなるかもしれません。ですが、予防ができますし、治療もできます。また、歯医者での定期検診やクリーニングを受けることができますし、最近の研究によれば、全身の病気も緩和させられることもあるようです。

生活の質を維持させる仕組み

亀有の歯医者は、治療を優先させている一般歯科として生活の質の維持にも努めています。高齢者にとって、健康で長生きしたい言葉も治療中に聞かれることもあってか、歯の健康がカギを握ることも熟知するのは歯医者です。上下無菌顎による総入れ歯の割合も高めですが、不具合に悩まされる患者さんも少なくないようです。生活の質を高めさせる仕組みとなるのが、インプラントに替えることです。治療の大敵である口腔内掃除というメンテナンス、十分なセルフケアが難しくなってきます。そこで歯医者がメンテナンスを行い、生活の質を維持させるわけです。

臨機応変なサービス

歯医者での治療にはデメリットも少なからずあるため、例えば何らかの原因で健康状態が悪くなり、自分で口腔ケアができなくなるのなら、総入れ歯からのインプラントに替えることはデメリットになるのではないでしょうか。亀有の歯医者は、治療や器具の取り替えが可能な治療の提案をしています。ですから、サービスがあるならば臨機応変に応えることでしょうし、それも生活の質にしっかり結びつくものです。インプラント治療は何歳までできるのか、という相談もありますが、高齢でも健康で、条件を満たせば何歳でも可能です。それはコンピューターによる手術もできるからで、高齢社会に対応する治療の仕組み、サービスは高く評価されています。

広告募集中